トイレのつまりの原因と除去方法

トイレでつまりが起きていれば、いち早く除去しなければ日常生活に支障が出てしまいます。しかし、原因の追究はもちろん、トイレのタイプ等も様々なので、対処方法が非常に多岐にわたります。的外れな対処を行い、より状況が悪化させてしまうことにもなり兼ねないので、その時々で適した対処を行うことが肝要です。

■つまりはどうして起こる?

トイレの内部や配管は複雑な構造になっていますが、つまりやすいのは排水管の曲がっている箇所です。排水管はあまり太くなく、そこが原因になっているのがほとんです。異物が流れこんだり、水流が不足していたりして流しきれず、そこで滞留してしまうのです。
異物には生理用品やおむつといったものがあります。水溶性ではなく、さらに粘着性のある部分が排水管に貼りつくこともあります。つまっているのが排水管の手前部分であれば道具を使って取り除けるときもあるものの、曲がった先の部分の場合はそうはいきません。しかし吸水性の高いものなどは時間が経つと膨張してより悪化させかねず、迅速な対処が必要です。
また、水流が弱いことがつまりを引き起こすこともあります。節水意識の高まりにより、一度の洗浄で使用する水の量が少なくて済むトイレの機種も販売されています。
トイレには大と小のレバーが用意されているものの、小ではやはり使用される水の量が少なくなります。トイレの内部や配管は複雑な構造で、ある程度水圧が必要で、流す量が多いのに小を使い続けると、水流が足りずつまってしまいます。配管の途中で異物が滞留してしまい、対処が複雑になるのを避けるためにも、いつも小で流すといった対応は避けましょう。

■すぐにつまりを除去するなら

異物が原因だとわかっているのなら、道具などを用いて物理的に取り出しましょう。水に溶けるものならぬるま湯を注いで、溶かしてから流すという手段も選べます。
流したあと、便器の水面が高いままでもう一度流すと、汚水が漏れてしまいかねないので、焦って流すのはよくありません。異物を除去してから流すことが大切です。
水流が不足しているなら、バケツなどから水を注ぎこむと勢いで流れていくこともあります。熱湯を使用すると便器が傷んでしまうので避けましょう。
ただし、どちらもあくまでも応急処置なので、つまりが直らないときには業者への相談が必須です。

■まとめ
いざという時に、解決方法をいくつか知っていることで最適な対処を行う事ができます。1つの方法でうまくいかない場合は方法を変えてアプローチができるので、冷静に原因を分析しながら対処を行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ